So-net無料ブログ作成
検索選択

長瀬賢弘(ピアノ)2年目のアウトリーチ [ピアノ]

長瀬さんはオーディションのときはコミュニケーションに若干心配があって、どのように変わっていくかはコーディネート側の課題だと思っていた。でも、やっていく中で面白さを見つけ、いろいろと考えることがあったようで大きく変わった一人だと思う。それは、今回の最後の日に3人の演奏家で座談会風の話をしたときもはっきりと現れていて、演奏家と地元との関係が深まる様子を見ることができた。私にとってはアウトリーチをやっていての醍醐味の一つ。
長瀬さんは登録期間最後になる今回は、楽器をよく知るいわきのスタッフならでは可能な大技?を試みて、子供たちの気持ちを捕まえていた。(写真ピアノの右でマレットを構えているのが長瀬さん、鍵盤の前に座り鍵盤を弾き出しているのはスタッフ足立君)

DSC06065.jpg
2014年11月20日 
長瀬賢弘(ピアノ)
いわき市 湯本第2小学校 5,6年生 53名

入場
M1 バッハ:主よ人の望みの喜びよ
こんにちは。私は長瀬賢弘といいます。
昨年も同じような時間を鼓鼓で過ごしました。私は小名浜の出身で、今はいわきと東京と行ったり来たりしながらピアノを弾く仕事、ピアニストをしています。
今の曲は聴いたことあるかな(全員) バッハ、偉大な人です。彼が書いた主よ人の望みの喜びよ、という曲。本当はオーケストラと合唱で演奏するお祈りの曲。だけど今日はピアノで、いろいろな音を出して弾いた。ピアノはいろいろな音をいっぺんにできるので、今日はいろいろな響きを身体全体で味わいながら過ごしたいと思います。
次はショパン・・・てしっているかな。子犬のワルツという曲。犬のいろいろな様子を見て書いたといわれている。その様子を想像しながら聞いてみてください。
M2 子犬のワルツ
わんちゃんは何をしていた?思い浮かんだ人居るかな?
(ボール遊び、追いかけっこ、走ってる・・・)すてきな意見ですね。みんなに拍手。
コロコロとしたところはそんな感じがします。真ん中へんはちょっとね、眠いようなところがある。この曲はそんな風に生き物をあらわした曲。
次は教会の鐘の音。ラフマニノフはロシアの作曲家で、彼の故郷のロシアでは町にいくつもの教会があって、それぞれ鐘が鳴っている。みんなが思うのは「ゴーン」という除夜の鐘かもしれないけれど、ロシアのはいっぱいの鐘があってがらんがらんと鳴る。
今日は実験をしたい。曲の間にみんなはピアノの下をくぐって後ろ側にいってください。こっちと、下と、後ろ側では聞こえ方が違うかもしれない。それを感じてみてください。
M3 ラフマニノフ:鐘
どう、聞こえ方が違った?(前の方が大きい) 他は?(・・・)何かもやもやと感じている顔をしているね。
ここでピアノの話をしたいと思います。このふたは屋根という名前がついてる。音を跳ね返して前に飛んでいくように作られている。音は大体ふたのこっち側で菊陽になっている。反対側にはあんまり来ないので少し音が違う。
ピアノの中には金属の糸がいっぱい張ってある。何?(弦) そう金属だから触ると錆びちゃう。この弦をたたくことで音を出しています<マレットでたたく>。でもピアノを弾くときはこんなことはしてない。何してた?(鍵盤・・・)鍵盤をたたいていた。この部分がどうなっているのかみんな鍵盤側に移動して・・・<鍵盤のアクションを引き出す>
この白い部分をハンマーという。下からたたいて音を出す。
でもこのままでは大きな音は出ない。大きなホールとかでも聞こえるには。
これ<オルゴールを出す>  <※以下オルゴールの実験。アクションを戻す>
ではそのままの位置でもう一曲聴いてください。ラベルの悲しい鳥という曲
悲しそうな鳥の鳴き声が聞こえてくる。みんなにはどこで鳴いているか想像して聞いてください。銘々好きなところに来て聞いて良い。下に行けば響板が、こっちだと鍵盤が見える。
静かな曲なの絵よく耳をそばだてて聞いて・・・
M4 悲しい鳥
ではみんな近くに来て。
どこで鳴いていた?(高いところ。森の奥、暗いところ・・・)何か不思議なかんじ。森の奥かもしれないし、大きな空かもしれない。
今日はピアノの音をいろいろと聞いてもらいました。もっとたくさん聞いてほしい。
私が始めてピアノの音を聞いたのは3歳の時。指一本で遊んでいた。でも指でたたくと音が出るのがおもしろくて、だんだんといろいろな響きが出るようになって夢中になってたら今ピアニストになっている。
自分が夢中になるものを大事にして・・・、そんなみんなの応援のつもりで弾きます。
チャイコフスキーのトレパーク。みんなで力を一つにして踊る力強い踊りです。
今日はかこんで楽しい気持ちで聞いて終わりたいと思います。
M5 トレパーク

先生 席に戻って・・・。では感想を・・(何人か感想を言う)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。